イギリスEU離脱とリスク管理

投稿日:

こんにちは。

久しぶりに記事を書きます。

今日は、イギリスで国民投票がありました。

国民投票の結果、イギリスのEU離脱が決定しました。

キャメロン首相は辞意を表明し、今回のEU離脱を「狂気の沙汰」と呼んびました。

残されたEU27ヶ国の、経済的負担も大きいものとなるようです。

日本でも、イギリスのEU離脱濃厚の情報から、大阪の証券取引所がサーキットブレーカーを発動させました。

このように、今回のイギリスにおける国民投票は、世界各国に波紋を広げそうです。

 

ついさっき2chを見ていたのですが、今回の急激な相場の乱高下で、FXをやっている方達の中でも、かなりの損失を出した方がいるみたいですね…(それこそ億単位の…汗)

僕は怖くてそんなリスク取れません。汗

僕もやっていますが、FXの方は+300,000ほどでした。

怖くてそれ以降、今日は様子見です。

 

やはり、今回のようなことがあると、資産運用リスク管理の重要性を改めて認識せざるを得ませんね。

資産をたくさん保有している方なら、そういった大勝負にも出れるのでしょうが、僕には無理ですね。それだけ勝負が出来るという事ですから、むしろ羨ましいです。

53_map

ですが、今回の相場を読むのは難しかったのではないかと思います。

プロや機関投資家ならともかく、一般人は寝ている時間帯ですからね。

イギリスの国民投票は、離脱派と残留派が最後までほぼ拮抗していましたし、イギリスの投票が始まったのは日本時間の24日午前3時です。

そこから相場にかじりつきながら、情報収集するのは、あまりに体力を使いますからね…

ただ今回の急激な円高は、僕も予想外でした。円高になるだろうなぁくらいの感覚だったので。笑

結果として、それが良い結果につながったわけですが…

先が見えなかったので、無理な投資はせず手元の情報と照らし合わせながら、勝負した結果だと思います。

僕も大きな勝負は好きですし、魅力を感じますが、今回は無理をせずに投資出来た僕のリスク管理の勝利といったところでしょうか…笑

 

後半は自慢になった気がします…笑

ともかく、今後の相場の状況を引き続き見守っていきたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中